お金を増やす3原則

実際に老後資金を準備するために、お金を増やす方法を基本から考えます。
お金を増やすには、

  1. 収入を増やす(仕事で稼ぐ)
  2. 支出を減らす(節約する)
  3. お金を運用する

の3つの方法(3原則)があります。というか3つしかありません。
どれかが際立っていれば1つでもお金を増やすことができますが、そうでなければ3つをバランスよく実行するのが現実的です。

  1. 1 収入を増やす(仕事で稼ぐ)
  2. 2 支出を減らす(節約する)
  3. 3 お金を運用する(第2の収入をつくる)
  1. 1. 収入を増やす(仕事で稼ぐ)

    収入を増やす イメージ為替のマーケットは24時間開いています。専業のプロトレーダーでも全時間向き合うことはできません。金融機関ならシフトによる数人体制で向き合っているでしょう。継続的に裁量トレードを行うには、タフな精神が必要です。リアルタイムの値動きから判断し、トレードし続けるのは決して簡単ではありません。まず働いて稼ぐことが第一歩です。雇用主であれ被雇用者であれ、自分の体を資本にして働き稼ぐことはお金を増やす主な方法です。男性(被雇用者)の生涯賃金は2~3億円ほどと言われ、仕事で得られるお金は大きなものがあります。しかし、働いて稼ぐ力は年をとった将来失われるからこそ、老後資金を準備する必要があるわけです。
    お金を増やすために収入を増やしましょう!

  2. 2. 支出を減らす(節約する)

    支出を減らす イメージ当たり前ですが、収入-支出がプラス(+)ならお金は増え、マイナス(-)なら減ります。どれだけ稼いでもそれ以上使えばお金は減り、少ない稼ぎでもそれ以下に支出を抑えればお金は手元に残ります(増えます)。収入に対し支出を減らすことでお金を増やすことができます

    仮に40歳で世帯年収500万円から年間100万円を貯蓄できれば、単純計算でも60歳までに20年間で2000万円貯まります。これができる世帯なら、年収アップ等も伴って老後資金3000万円を準備できそうです。しかし世帯年収が1000万円あっても年間の貯蓄が30万円しかなければ、20年間でも600万円しか残りません。

    ケチって楽しめないような節約はお勧めしませんが、収入と支出のバランスが大事です。

  3. 3. お金を運用する(第2の収入をつくる)

    収入-支出からお金が残せるようになったら、今度はそのお金を運用します。
    1の収入を増やすでは自分を資本にしていますが、運用はお金そのものを資本にしてお金を増やします。
    これは、金持ち父さんの言う「お金を働かせる」ことであり、第2の収入をつくるということです。

☆ここで3原則をバランスよく使ったサンプルをあげてみました。

3原則サンプルグラフ

当たり前ですが、収入-支出がプラス(+)ならお金は増え、マイナス(-)なら減ります。どれだけ稼いでもそれ以上使えばお金は減り、少ない稼ぎでもそれ以下に支出を抑えればお金は手元に残ります(増えます)。収入に対し支出を減らすことでお金を増やすことができます。

このグラフは、1.収入を増やす、2.支出を減らす、3.お金を運用する を行った際のお金の動き(年次)を表しています。具体的な数字は下記表の通り(金額万円)。
最初 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目
稼ぐ 480 504 528 552 576 600
節約する -480 -468 -456 -444 -432 -420
運用する 0 12 36 60 84 120
合計 0 48 108 168 228 300

最初は、月次収入40万円年次480万円に対し、月次支出も40万円年次480万円、運用益0円で月次年次ともにプラスマイナス0円でした。
そこから毎年月次収入を42万円、44万円、46万円、48万円、50万円と2万円増やしていき、月次支出を39万円、38万円、37万円、36万円、35万円と1万円減らしていきました。
結果5年目には、収入が月次10万円年次120万円増え、支出が月次5万円年次60万円減りました。
さらに運用は1年目月次1万円から、3万円、5万円、7万円、10万円と月次運用益を増やし年次120万円の運用益となりました。
この結果、年次の総収支は300万円のプラス、1年目から5年目までの収支合計は852万円となりました。
これはあくまでサンプルですから、数字通りにいかない年もありますし、5年が難しければ、10年20年かかっても構わないと思います。要は、1と3を増やして、2を減らせれば良いのです。
この3原則をスポーツに例えると、収入増が攻め、支出減が守りとなり、2人の攻め1人の守りがそれぞれ活躍した成果と言えるでしょう。

ただバランスは人それぞれです。上記サンプルでは、稼ぐ2:節約する1:運用する2の比率になりましたが、状況や時期によりどれかを下げどれかを上げる調整が必要になります。
その時々のベストバランスを選んでください。

収入を増やす方法、支出を減らす方法は当サイトでは紹介いたしません。
お金を運用する方法は、以降のページにて検証、紹介いたします。

TOPへ戻る