レバレッジ具体例

このページでは具体的な例をあげて、その時使用しているレバレッジ倍率(実効レバレッジ)を説明します。

必要証拠金額は、レバレッジコースがあってそのコース毎に必要証拠金額が算出される口座(サービス提供会社による)もありますが、レバレッジは一律最大25倍で必要証拠金額は一定(トレード金額の4%)の口座もあります(国内個人口座の場合)。

必要証拠金額は文字通り必要最低限の金額ですから、自分の入金額をもとに実効レバレッジを把握しておきましょう。実効レバレッジを把握していれば、入出金により自分でレバレッジを調整できます。

では、いくらから始められる?で推奨証拠金を出したケースの実効レバレッジを確認してみましょう。

ケース1

ドル/円(1ドル100円)を対象通貨ペアとするEAまたはストラテジーで、
最大ポジション1(トレード単位1万通貨)、最大ドローダウン300pipsの場合

必要証拠金 100円×1万通貨=100万円 100万円×4%(レバレッジ25倍)=4万円
最大ドローダウン額 300pips×1万通貨=3万円
当サイト推奨金額は 4万円×2+3万円=11万円

この場合で当サイト推奨金額を用意すると、
トレード金額100万円 ÷ 推奨証拠金11万円 = 実効レバレッジは約9.1倍

ケース2

ドル/円(1ドル100円)を対象通貨ペアとするEAまたはストラテジーで、
最大ポジション3(トレード単位1万通貨)、最大ドローダウン600pips(3ポジション合計)の場合

必要証拠金 100円×3万通貨=300万円 300万円×4%(レバレッジ25倍)=12万円
最大ドローダウン額 600pips×1万通貨=6万円
当サイト推奨金額は 12万円×2+6万円=28万円
※トレード単位を自分でUPした場合は、そのUP分を掛けます(5万通貨なら5倍)。

この場合で当サイト推奨金額を用意すると、
トレード金額300万円 ÷ 推奨証拠金28万円 = 実効レバレッジは約10.7倍

当サイトの推奨証拠金額である上記2つのケースでは、ともに実効レバレッジは10倍程度になりました。

実効レバレッジについてもっとシンプルな例をあげると、
1ドル100円の時に1万通貨トレードして100万円用意すると、実効レバレッジは1倍となり、1円のレート変動で1万円の損益になります。
同じレートで10万通貨トレードして100万円用意すると、実効レバレッジは10倍になり、1円のレート変動で10万円の損益になります(ともにスプレッド、スワップ等は考慮しない)。

この様に、FXでは実効レバレッジが高くなると、同じ資金に対して利益(逆に動くと損失)は大きくなります。

実効レバレッジを把握して、リスクを調整しましょう。

TOPへ戻る