いくらから始められる?

前ページで実際に始める手順について説明しましたが、このページでは、「FXシステムトレードはいくらから始められるか?」ついて説明します。

各サービス会社のサイトや書籍等では、推奨金額として下記が掲載されています。

サイト・書籍等イメージ

  • 必要証拠金額 + 最大ドローダウン
  • 必要証拠金額 + 最大ドローダウン×2
  • 必要証拠金額 × 2
  • 10万円~50万円ほど 他

実際には、今は1,000通貨単位のFXシステムトレードを提供している会社も複数ありますから、1万円ほどの資金からでも始めることはできます。現物株や投資信託も1万円ほどから購入できるものがあるのと同じようなものです。もちろん用意する金額に応じて、結果としての損益が変わってくることも同じです。

ただここで説明しているのは対象商品がFX、手法がシステムトレードですから、株や投資信託とはいくつか事情が異なります。だから推奨金額が上記の様になっているのです。

まず現物株、投資信託と異なりFXは証拠金取引なので、トレードする(ポジションを持つ)ための必要証拠金額以上の資金があれば始められますが、その必要証拠金額は値動きにより変動します。

すでにご存じかと思いますが、必要証拠金について具体的な例を使って簡単に説明します。
ドル/円が1ドル100円の時に、1万ドルの買いトレードをすると、レバレッジ25倍での必要証拠金は40,000円になります。
100円×1万通貨=100万円 100万円×4%=40,000円
この40,000円は上記トレードに最低限必要な資金額ですので、40,000円を用意しただけでは、ロスカットの証拠金維持率が100%の場合、その後の値動きによってはすぐに強制ロスカット(取引終了)となってしまいます。
※ロスカットの証拠金維持率はサービス会社により異なります。

単発のトレードでも、そのトレード利益を目指しつつ許容できる損失額等を考慮しながら、余裕をもった資金を用意してトレードします。

100,000円の資金を用意した場合であれば、上記にあてはめても、およそ6円の円高までロスカットにならずトレードが続けられます。
これが必要証拠金(最低額)に対して、余裕をもって金額を用意(入金)するということです。

仮に上記トレードに用意した資金が50,000円の場合、1円、円高に動くと、
99円×1万通貨=99万円 1万円の含み損発生
有効証拠金 5万円-1万円=4万円
99円×1万通貨=99万円 99万円×4%=39,600円
必要証拠金39,600円
有効証拠金40,000円>必要証拠金39,600円
証拠金維持率101%

証拠金維持率はかろうじて100%を上回っていますが、あと少し円高になれば即ロスカットになります。

証拠金取引では、トレードしてポジションを持った後の値動きがマイナスに動いても取引が続けられるように、余裕をもった資金を用意します。また大きくマイナスに動いた際に、最大損失額になるのが必要証拠金+αの金額ですので、損失許容額も考えておきましょう。もちろんロスカットオーダーを入れておけばそれが損失許容額になります。

次にシステムトレードは単発のトレードではなく、はじめに説明した通り「あらかじめ決めておいた一定のルールに従って、機械的・継続的に(つまり複数回に渡り)トレードする手法」です。
継続的にトレードするので、単発のトレードの時よりも余裕ある資金を用意しておく必要が生じます。自身が選んだEAでありストレテジーが、選んだ以降のトレードからすぐ利益確定していければ問題ありませんが、選んだ以降のトレードが損切りとなり、証拠金不足により強制ロスカットもしくは新規トレードができなくなってしまっては、システムトレードが続けられません。

そもそもシステムトレードは100%勝てるわけではありませんし、短期間でリターンを追及するトレード手法でもありません。利益確定と損切りを繰り返しながら、中長期的に安定的な利益を追求していく手法です。短期的な損失だけで終了とならないためにも、資金には余裕を持ってトレードしましょう。

当サイトでは、必要証拠金×2 + 最大ドローダウンを用意することをお勧めします(推奨金額)。
[必要証拠金]×2+[最大ドローダウン]

ちなみに、ドル/円(1ドル100円)を対象通貨ペアとするEAまたはストラテジーで

ケース1

●最大ポジション1(トレード単位1万通貨)、最大ドローダウン300pipsの場合、
当サイト推奨金額は
必要証拠金 100円×1万通貨=100万円 100万円×4%(レバレッジ25倍)=4万円
最大ドローダウン額 300pips×1万通貨=3万円
4万円×2+3万円=11万円

※トレード単位を自分でUPした場合は、そのUP分を掛けます(5万通貨なら5倍)。

ケース2

●最大ポジション3(トレード単位1万通貨)、最大ドローダウン600pips(3ポジション合計)の場合、
当サイト推奨金額は
必要証拠金 100円×3万通貨=300万円 300万円×4%(レバレッジ25倍)=12万円
最大ドローダウン額 600pips×1万通貨=6万円
12万円×2+6万円=28万円

となります。
※トレード単位を自分でUPした場合は、そのUP分を掛けます(5万通貨なら5倍)。

ポートフォリオを組みリスク分散できる時は、推奨金額を「必要証拠金+最大ドローダウン」に減額します。これについてはポートフォリオのページで説明します。

TOPへ戻る