シストレのレバレッジ

このページでは、FXシステムトレードにおけるレバレッジについて説明します。
前述した通りFXは証拠金取引です。証拠金取引は、用意した(入金した)資金の何倍もの取引ができ、その効果をレバレッジ(日本語訳:てこ)」と言います。

以前は、200倍~400倍ほどのレバレッジが存在しましたが、「顧客保護」「業者のリスク管理」「過当投機防止」の観点から金融庁が規制を導入し、2010年8月から最大50倍、2011年8月から最大25倍に引き下げられました。

レバレッジ規制イメージ

この結果、今は法人口座もしくは海外口座で取引しない限り、最大25倍のレバレッジでしか取引できません。
※レバレッジ規制の対象は個人のみ、法人は対象外。海外口座は金融庁の規制管轄外。
 このように記載すると最大レバレッジ25倍では足りないに見えてしまうかもしれませんが、システムトレードにそう高いレバレッジは必要ありません。

当サイトでは、「FXシステムトレードのレバレッジは10倍程度あれば十分であり適当」と考えています。

実際にレバレッジ倍率をどこまで利用するかはトレードする方の資金管理によりますが、「システムトレードは、利益確定と損切りを繰り返しながら、中長期的に安定的な利益を追求していく手法です。」から、高いレバレッジは必要ないでしょう。
仕事をしている間も寝ている間も自分に代わってトレードしてくれるシステムトレードは、時間のレバレッジも使っていますからなおさらです。

TOPへ戻る