シストレのメリットとタイプ

このページでは、「システムトレードのすゝめ」で説明したメリットから、シストレのタイプについて説明します。

システムトレードのすゝめ」から一部引用します。

裁量トレードは、欲や恐怖という人間的感情が判断を狂わしたり、十分なトレード時間が確保できなかったり、知識や経験が不足していたりと課題も多く、一部のトレーダーを除いてなかなか結果に繋がっていないようです。
これらの課題を解消して効率的な運用をする方法の一つとして、このサイトでは「システムトレード」をおすすめします。
さらにシステムトレードメリットは、3つのメリットがあります。

  1. 1.精神的メリット

    1.精神的メリット
    欲望や恐怖という人間的感情を排除できます。

  2. 2.時間的メリット

    2.時間的メリット
    自分に代わってトレードしてくれます。

  3. 3.技量的メリット

    3.技量的メリット
    プロのルールに従って確立の高いトレードができます。

と説明しました。

そもそも自分の才能とセンスでトレードできる方には、システムトレードは縁のないものかもしれません。上述した通り、感情に左右される、時間がない、知識や経験が不足しているなど課題がある方にとって、システムトレードが役に立ちます。

どのような人がどのタイプに適しているか、簡単にYES/NOチャートで分類してみました。


YES/NOチャート

A)裁量トレーダー

マーケットに参加して、自分の持つルールに従いトレードします。

B)開発型自作派システムトレーダー

マーケットに参加せず、自分ルールを自動化してトレードします。

C)開発型調達派システムトレーダー

優秀なルールを自分で入手して、システムに搭載してトレードします。

D)選択型システムトレーダー

すでにルールが搭載されているシステムから、好みのシステムを選んでトレードします。


開発型自作派のシステムトレーダーは、トレードスキルやルールを持っているので、システムトレードを使って①精神的メリットと②時間的メリットを得られます。

開発型調達派のシステムトレーダーと選択型システムトレーダーは、システムトレードを使って①②に加え③技量的メリットまで得られます。両者は、ルールの調達方法が異なるだけです。

この分類にすべて当てはまる訳ではありませんが、自分の課題に合わせて、タイプを選びましょう。
具体的に選ぶには、「シストレのタイプを決める」ページを参考にしてください。

TOPへ戻る