シストレ + VPS

MT4を使ったシステムトレード(開発型システムトレード)は、トレードルールであるEAを動かすためには、PCを稼働(電源ON)させ続けるかVPSを利用する必要があります。
このことは、「シストレのタイプを決める」でも説明しました。

そこで、このページでは「VPS」について説明します。

VPSとは?

まずVPSとは、Virtual Private Server(バーチャル・プライベート・サーバ)の略です。
日本語にすると「仮想専用サーバ」などと言われています。
VPSはレンタルサーバの1種であり、イメージとしてはインターネット上に存在するパソコンを自宅のパソコンやスマートフォンから操作するものです。

VPSと言ってもどのサービスでも良いと言う訳ではありません。
一般的にレンタルサーバはLinuxサーバが多いのですが、開発型システムトレードの主流であるMT4はwindowsで稼働するシステムなので、リモートデスクトップ機能を備えたwindowsサーバが適しています。

自宅のパソコンでFXシステムトレードを行うリスク

為替相場は土日や年末年始などを除き24時間動き続けているため、FXシステムトレードも土日を除き24時間稼働させることが理想と言えます。

しかしながら、自宅のパソコンを稼働(電源ON)させ続けてFXシステムトレードを行うと下記のようなリスクが存在します。

  • パソコンの故障やフリーズにより取引ができなくなる
  • 緊急の停電により、取引ができなくなる
  • パソコンを24時間稼働させることにより放熱や騒音、電気代等の問題
自宅のパソコンでトレードのイメージ

ですが、VPSを利用することでこういったリスクを解消できます。

VPSを利用するメリット

VPSであれば、インターネット上でパソコンが起動していますので、自宅のパソコンを24時間稼働させる必要がなくなり、前項目で説明したリスクが解消されます。

具体的なメリットとして以下のような例があげられます。

  • 自宅のパソコンの電源を落としてもシステムトレードができる
  • 停電や故障がなく、365日24時間安定してシステムトレードができる
  • 自宅のパソコンやスマートフォンなどから専用のトレード環境にアクセスできる
  • 外出先でもインターネットカフェや会社などからもアクセスできる
  • サーバのメンテナンスは基本的に相場が休んでいる土日に行われる
VPSを使ったトレードのイメージ

MT4でシステムトレードする方は、ご利用をお勧めします。

TOPへ戻る